MENU

急にお金が必要になったら?

すぐに融資を受けたい・・でも、どこがいいか分からない!
誰でもそうですが、初めてお金を借りる際には、詳しいことなんて分かりませんよね?

 

今すぐ必要なのはヤマヤマだけれど、そんな簡単に貸してくれる所なんで、本当にあるの?
すぐにお金を借りる所があったとしても、そんな金融会社って怖い所なんじゃ・・。

 

分かります。
慣れないことだけに心配ですよね?
ただ、過度に不安に思う必要はありません。

 

今は申し込んだ当日中に融資可能な金融機関、それも大手の会社があって、ものすご〜く便利にお金を借りることができる時代なんです!
10年前と比べれば大幅に金利も下がって、ネットで申し込みできて、振込でもATMでも現金借入できるんです。
ほんと〜に便利な時代になりました。

 

当サイトでは、そんな便利な即日融資についての知識や申込時の注意点、そして何よりも重要なキャッシング・カードローンについて紹介しています。
今すぐお金を借りるなら、きっと参考になると思います。
よろしければ、お気に入りにも登録しておいて下さいね(笑)。

 

 

お金を借りるなら準備が必要

当たり前のことですが、融資を受けるためには審査が必要です。
審査に通過すれば契約、という流れになります。
ここでは、金融機関でお金を借りるために必要な準備について説明しています。

 

まず、審査・契約にあたって必要になる書類です。
これは金融機関によって若干扱いが変わりますので、あくまでも一般的には、という事で認識して下さい。
(詳しくは、申し込み先のHP等で確認して下さい)
お金を借りるのに必要となる書類は以下の通りです。

 

身分証明書

運転免許証、パスポート等のいずれか1点の写し(コピー)が必要となります。
外国籍の方の場合、合わせて特別永住者証明書・在留カードの写しも提出します。
写し(コピー)は鮮明なものを提出するよう注意が必要です。

 

住所確認書類

上記の身分証明書と現住所が異なる場合、原本の提出が必要となります。
電気、ガス、水道、NHK等の公共料金の領収書、住民票、納税証明書、社会保険料領収書・・等で、現在の住所が記載されている書類いずれか1点を提出します。

 

収入証明書

一定金額以上のお金を借りる場合、提出が必要となります。
申し込んだ金融機関によって、提出を要する金額が異なります。
概ねですが、消費者金融だと50万、あるいは申込額と他社借入額の合計が100万を超える場合。
銀行だと2〜300万を超えてお金を借りる場合、というのが多いですね。

 

書類以外では、在籍確認が必要になります。
勤務先に電話確認する会社もあれば、保険証の事業所情報だけでOKな会社もあります。
在籍確認不要をはっきり条件にしている金融機関は、おそらく無いと思います。
貸す側も、お金を借りて貰うだけでなく、返して貰うことが前提になっているからです。
そういうものだと認識しておきましょう。

 

 

お金を借りるなら審査に通る必要がある

即日融資を受けるには、金融機関の審査を通過する必要があります。
そして、お金を借りるための申し込みにあたって重要な注意点があります。
ここでは、審査通過の可能性を上げるためのちょっとした情報について解説しています。

 

まず、やたらめったに申し込むのは、お金を借りる際に絶対にやっては駄目な行為です。
はっきり言って、お話にならない行為です。
金融機関は、信用情報機関に加盟しているのですが、貸付情報や返済情報だけでなく、新規申込の情報も共有しています。

 

つまり、あちこちに申し込みすると、苦しくて借りまくってる人なんだと、金融機関側は判断するのです。
実際、新規申込件数を審査否決の条件にしている所も多いのです。
この情報は数週間で消えるので、複数のカードを作る場合は、十分に期間をあけてからにしましょう。

 

次に、現在の借入額をしっかり把握して、申し込み先を決めるのが重要です。
当サイトでも最初に触れましたが、消費者金融は収入に3分の1までしか貸すことができません。
つまり、年収が300万なら100万までです。

 

すでに100万借りているなら、消費者金融には申し込むだけ無駄です。
そういった場合には、銀行に申し込みするようにしましょう。
専業主婦で収入自体ないような場合も同様で、消費者金融でお金を借りるのが難しくなっています。
銀行の方が条件が緩いなんて、何だか変な気もしますが、これが現実なので覚えておきましょう。

 

最後が必要な金額だけ申し込むという点です。
どうせだからと多めの限度額で申請すると時間も掛かりますし、いきなり多額のお金を借りるって一体何に使うの?という話にもなります。
今すぐ必要!という時に時間が掛かっては本末転倒ですよね?
真面目に返済していれば、普通に利用可能額は上がっていくのですから、焦るのは禁物です。

 

 

今すぐお金を借りるならココがおすすめ!

おすすめの金融機関をランキング形式で紹介しています。
どの会社も銀行本体、あるいは銀行系で安心して、お金を借りられる先です。
ランキングは、直近1ヶ月間で、当サイト経由で申し込みの多かった順です。
当サイトでは、自分に最適な所でお金を借りる診断フォームも公開していますので、必要に応じて利用してみて下さいね。

 

三井住友銀行カードローン:お金を借りるランキング1位

TVCMでもお馴染みの三井住友銀行カードローンは、急な出費時にも安心のスピーディーな審査と融資が可能となっております!
金利は年4.0%〜14.5%と低金利がとても魅力的!
更にご利用限度額は最高800万円と、金額的にも余裕があります。
三井住友銀行の口座をお持ちでない方でも、お申込みが可能です。

 

実質年率:4.014.5%
最高限度:800万円

 

お金を借りるなら!

SMBCモビット(三井住友銀行グループ):お金を借りるランキング2位

モビット

ネットですぐにお金を借りるならSMBCモビットが最強!
申し込み時の入力項目数が他の消費者金融や銀行よりも少ないので、スマホで申し込む人には便利です。
小さな画面に文字を入力するのは、慣れていても大変ですからね。
WEB完結対応で来店不要、即日融資も可能、電話連絡なし、郵送物なしで家族に内緒でお金を借りたい人にも最適です。
・当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。
・審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

 

実質年率:3.018.0%
最高限度:800万円

 


お金を借りるなら!

プロミス(三井住友フィナンシャルグループ):お金を借りるランキング3位

今すぐお金を借りるなら、一番早いのはやっぱりプロミス。
例えば、ネット申込→無人契約機でカード受取なら平日14時以降や土日祝日でもお金が借りられます!
しかも三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があるなら、「瞬フリ」で24時間振込サービスの利用が可能!
とにかくスピード重視、今すぐお金が必要な方は、プロミスで申し込むのがベストです。
・三井住友銀行(SMBC)ローン契約機でもカード受け取り可。
・無人契約機は22時まで利用可能(一部21時まで)。
・プロミスの30日間無利息は「初回借入」の翌日から計算される。

 

実質年率:4.517.8%
最高限度:500万円
※「初回借入」の翌日から30日間無利息(メールアドレス・Web明細利用の登録が必要)

 


お金を借りるなら!

 


レディースキャッシング

アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ):お金を借りるランキング4位

今すぐお金を借りるなら!アコムは最短1時間融資も可能です!
ネットで契約して自動契約機(営業時間8:00〜22:00)を使えばカード発行は最短5分!
カードですぐにお金を借りることができます!
ネットなら24時間受付!最短30分で審査回答!最短1時間融資も可能です!
・楽天銀行に口座があれば24時間振込可能。

 

実質年率:3.018.0%
最高限度:800万円
・はじめてアコムで契約する方は、契約の翌日から30日間無利息。

 

お金を借りるなら!

相互リンク:即日キャッシング|急にお金が必要!どこで借りる? 主婦キャッシング!低収入でもお金を借りるのは可能?